充実した人生には、カルシウム、亜鉛、鉄などのミネラルが欠かせない

おはようございます。

岡崎です。

急に寒くなり風邪でダウンしておりました。

皆さまもご自愛くださいね。

さて、楽しみにしていた日曜劇場「陸王」が始まりましたよ〜。

私が小説「陸王」を読んだのは昨年でしたが、面白くて面白くて一気読みでした。

著者は、あの半沢直樹、下町ロケットの原作者の池井戸潤さん。

私はノンフィクションの小説はあまり得意ではないのですが、陸王はまるでフィクションのようなリアルなお話で面白すぎて、友人に宣伝してしまいましたよ(笑)

これから日曜日が楽しみです♪

さて今日は心と体を良い状態に保つためにもとっても大切なミネラルのお話です。

人が必要な三大栄養素といえば、糖質、脂質、タンパク質。

現代の日本では、三大栄養素が不足することは少ないかと思います。

油断すると糖質、脂質が過剰でタンパク質が足りなくなりがちですが、意識すれば問題はないかと。

では、三大栄養素にビタミンとミネラルをプラスした五大栄養素は足りているでしょうか?

実は、足りていない方が多いそうです。

特にミネラル。

ミネラルって、ビタミンに比べて影が薄いような気がするのですが(そう感じるのは私だけかしら)、実はものすごーく重要な栄養素なのです!

ミネラルの基本情報

ミネラルとは、人の体を作っている元素のうち、水素、炭素、窒素、酸素以外の元素のこと。

体の調子を整えたり、組織の材料となるもの。

体内で作ることができず、栄養素として外からとり入れなければならないもの。

必ず摂る必要があるので、必須ミネラルと言ったりします。

現在16種類(カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、リン、イオウ、鉄、コバルト、銅、亜鉛、セレン、モリブデン、ヨウ素、塩素、クロム、マンガン)が知られています。
まだ発見されていないけれど、必須ミネラルは40種類以上あるのではと言っている専門家もいるそうです。

ミネラルの働き

・骨や歯などの骨格を作ったり、たんぱく質や脂質の成分となったりなど、体の材料になる。

・血液や体液などを正常に保つ働きがある。
・酵素の補助(補酵素)としても重要な働きをしていて、神経の伝達や、細胞の働きをスムーズにするなど、身体をうまく動かす働きがある。

意外にも重要な働きをしていますね。

ところで、最近「酵素」という言葉をよく耳にします。

なんとなく食物の消化分解に必要なものといった感じでではないでしょうか。

私は、ずっとそう思っていました。

けれど知ってみると、もっとずっと幅広いものだったのです。

酵素は大きく分けて食物を消化する消化酵素と、病気や怪我からの自然治癒力、運動や思考、呼吸などの生命活動に関係する代謝酵素に分けられます。

ということは、消化分解だけでなく、あらゆる生命活動に酵素が必要なのですね。

そして、驚くことに数千種類もあるそうです。

すごい数です!

そして、そして、その酵素の働きをサポートするのがミネラルやビタミンなどの補酵素。

つまり、心と体がスムーズに働き力を発揮してくれるためにミネラルやビタミンは欠かせない!ということなのですね。

すごいですねー!

最近のミネラル事情

どうして今の時代になって急にミネラルが不足しがちという話が出てきているのでしょうか。

いくつかの理由があるようです。

食材の栄養素が減っている

そもそも欧米に比べて日本の土はミネラル分が少ない。

その上、近年は農薬や化学肥料の使用によって土のミネラルバランスが崩れ、その結果、食材自体に含まれているミネラル分が減っている。

精製された食品が増えている

例えば、お米や小麦、砂糖や塩、油など、精製された食材が溢れている。

精製される過程で、貴重なミネラルやビタミンが抜け落ちてしまっている。

お惣菜、お弁当、外食が増えている

スーパーやコンビニで売られているお惣菜やお弁当、外食で提供される食材の中には、加工済みの食材が使われていることが多い。

加工済みの食材とは、例えば、付け合わせの里芋や人参、ジャガイモなど。

これらは、皮をむいて同じ大きさに切り、20分近くゆで、その後、水にさらしてパックされて出荷されている。

20分ゆでて水にさらしている間にミネラルもビタミンも溶け出してしまっている。

レタスやキュウリなどのサラダや、すぐに調理できるカット野菜は、O157など様々な細菌を殺すために次亜塩素酸ナトリウム入りの水に10分以上つけてブクブク消毒している。

付け合わせ野菜と同じく、ビタミンもミネラルも溶け出してしまっている。

リン酸塩がミネラルを排出してしまう

様々な商品に入っている「リン酸塩」という食品添加物がミネラル分を排出してしまう。

リン酸塩だけでなく、pH調整剤、調味料(アミノ酸等)の中にもリン酸塩が含まれていることが多い。

リン酸塩は体内に入っても吸収されずに排出されてしまうため比較的安全だと言われている。

ところが、排出されるときに必須ミネラルと結合して排出される。

そのため、せっかく採ったミネラル分が奪われてしまう。

十分にミネラルを摂るには

知れば知るほど、日本人がミネラル不足になりやすいことがわかってきます。

ミネラル不足になると、あらゆる生命活動に影響があるのですが、中でもメンタルへの影響が大きいのではないかと言われています。

イライラが止まらない、突然キレる、落ち込みが激しくウツ状態になる、などなど。

一概には言えませんが、出来合いのお弁当、ファーストフード、スポーツドリンクなどの飲料、ウィンナーや練り物、お菓子など加工品の頻度が高いとミネラル不足の可能性大です。

ミネラル不足になると、勉強も運動も仕事もパフォーマンス下がってしまいます。

怖いですねー。

ということで、ミネラル分を十分に摂る方法は。

簡単です。

ミネラル分のあるものを積極的に摂り、ミネラル分を排出するものを摂らない、です(笑)

具体的には、

白米を五穀米や分付き米にする

白いパンではなく、全粒粉のパンにする

天然の砂糖や塩を使う

コールドプレスの油を使う

カット野菜でなく、ホール野菜を選び、自分でカットする

ミネラル分の多い食材を一品加える

ワカメやヒジキなどの海藻類

ゴマや大豆などの豆類

野菜、果物、魚、肉など

外食は、お店で材料から調理している店を選ぶ

リン酸塩などの食品添加物を避ける

などなど。

全部しようと思うと気が遠くなります(笑)

まずはできる範囲からで十分。

天然の砂糖や塩を使う、たまには白米を五穀米や分付き米にしてみるなどは比較的簡単なのではないでしょうか。

料理のトッピングにスリゴマをかける、おやつにナッツを食べるなどもすぐに出来そうです。

ミネラル不足かなーと思う方は、ぜひお試しくださいね。

それでは、今日も良い一日を♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする