お気に入り図書

「細胞から元気になる食事」

『細胞から元気になる食事』著者:山田豊文栄養療法を初めて最初の頃に読んだ一冊。素晴らしくわかりやすく面白い。栄養療法を勉強する上で、その世界観を知るにはうってつけの一冊。私が栄養のことを知ってほしいと思う人に一冊紹介するならこの本...
私の副腎疲労

副腎疲労26 栄養療法スタートから一年、二度目のキレーション

2015年暮れ、栄養療法クリニックの診察日。 前回と同じく準備万端とののえ一人で出かけて行きました。 たかが通院ですけど、突発事項に対応できる余裕がないので、乗り間違えないように、乗り遅れないように真剣です(笑) ...
お気に入り図書

「動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか」

  『動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』 著者:福岡伸一 出版:木楽舎  
お気に入り図書

「医者が教える あなたのサプリが効かない理由」

『医者が教える「あなたのサプリが効かない理由」』著者:宮澤賢史著者は、私の主治医。ひとつひとつの栄養素の事がよくわかる教科書的な一冊。栄養療法に関心のある方には是非おすすめしたい。
副腎疲労あるある

よくなる人は生き方を変えられる人

先日、参加した栄養療法講座で講師の先生がおっしゃった一言。 「よくなる人は生き方を変えられる人」 おおっ! ビビッと来ました。 なるほどと思いました。 食事のとり方 仕事の仕方 人との付き合い方 時間の使い方 物事の...
私の副腎疲労

副腎疲労25 同じ症状でも原因は様々、原因を見極めないと改善しない

  さて、前回の栄養療法クリニックで紹介して頂いたBスポット治療(上咽頭炎の治療)をしてくださる耳鼻咽喉科に行ってみることにしました。 この病院が遠いんです。 通院時間は2時間弱で栄養療法クリニックと変わらないのですが、都心で何度も乗り継ぎ...
私の副腎疲労

副腎疲労24 車椅子を卒業し、ひとりで通院できました

重金属キレーションを始めて1ヶ月。 肝臓等に負担がかかるので、中間地点で一度血液検査をしに病院へ行きます。 この時は、まだ車椅子通院でしたけど、最初の頃ほど不安なく通えるようになっていました。 栄養療法クリニックまで自宅から2時間弱、最初...
私の副腎疲労

副腎疲労23 栄養療法に出会って変わったこと

キレーションで体調が改善してきたという実感を得て少し前向きになったこの頃、私「副腎疲労とは何ぞや?」「栄養療法とはどんな療法?」とネットで検索しまくっていました。 オススメされている書籍もあれこれと読みあさりました。 アマゾンさんには大変...
私の副腎疲労

副腎疲労22 重金属キレーションってすごい!

8月せっせとグルタチオンとリバーニュートリエンツで肝臓ケアをして、9月いよいよ重金属キレーション開始です。 食事はカンジダ除菌前の食事へ戻りました。 魚はイワシ、サンマ、アジがローテション。 お肉は鶏肉がメインで時々豚肉。 グルテンフリー...
私の副腎疲労

副腎疲労21 期待してしまいます 重金属キレーション

  6月7月とコツコツと糖質制限食をこなしカンジダ除菌に励みましたよ。 ちなみに私はナイスタチンという薬で除菌しました。 除菌し始めた頃はダイオフ症状が出る場合があります。 ダイオフ症状とはカンジダが死滅するときに放出される毒素によって引き...