私の副腎疲労

私の副腎疲労

副腎疲労13 栄養療法は何をおいても腸内改善から

初診日、血液検査と様々な検査の説明、食事に関するカウンセリングがありました。 検査結果は出ていないけれど、問診からざっくりと今後の治療方針の説明もありました。 1、腸内環境の改善 栄養療法は何をおいても腸内改善!だ...
私の副腎疲労

副腎疲労12 食事は何を摂るかよりも摂らないか

さて、初めての栄養療法。 様々な検査の説明と食事についてカウンセリングがありました。 栄養療法では足りてない栄養素を摂ることも大事だけど、体に負荷のかかるものを摂らないようにすることをとても大事にしています。 せっかく良いものを摂...
私の副腎疲労

副腎疲労11 「今日はどうやって来られましたか?」

待ちに待った、原因不明の辛さを診てくれる病院の初診日です。 2時間の通院時間をどう乗り越えるか、練りに練ってたどり着きました。 おめでとう! さて、どんな先生だったのでしょうか。 院内はウッドと白色が基調で、窓から光が入って...
私の副腎疲労

副腎疲労10 待ちに待った病院の初診日がやってきた

12月も押し迫った頃、旦那さんが10箱ほどのダンボールと共に東京へ戻ってきました。 気持ちは(良かった!)と思っているけれど、実際の引越しのバタバタはストレスでしたねー。 とにかく小さなことでも刺激になることは全部ストレスになるんで...
私の副腎疲労

副腎疲労9 疲労感、だるさの他にどんな症状があったか

この頃、疲労感、だるさの他にはどんな症状があったか。 ・首と肩の激しいこり 首と肩〜上腕や背中上部にかけて鉄板が入っているような激しいこり。 こりすぎて辛くて辛くて。 夜お布団に入ってもこりが辛くてじっとしていられな...
私の副腎疲労

副腎疲労8 だるすぎて日常生活が崩壊

死んでしまいそうにだるいと日常生活はまともに機能しません。 この頃どんな生活だったかというと、、、 まず食事の準備ができません。 宅配で届くものと週末に旦那さんが買い出してきてくれたものを食べます。 調理しなくても食べられる...
私の副腎疲労

副腎疲労7 死にそうにだるいのに診断は異常なし

友人と別れて帰宅。 あー、思い出すのも恐ろしい超撃疲労感、だるさの始まりです! 足がしびれた時ビリビリしますよね。 あんな感じのしびれ感を伴う全身のだるさ、体が分解してしまいそうな超激しいだるさです。 筋肉がだるいのは誰でも...
私の副腎疲労

副腎疲労6 バーンアウト!副腎疲労疲弊期突入

さてさて、先日から「副腎疲労を発症するきっかけ」や「副腎疲労まっしぐら」と書いているけれど。 正しくは「副腎疲労の疲弊期に突入するきっかけ」、「副腎疲労疲弊期まっしぐら」です。 今ならわかる(このフレーズ多いですねー笑)、とっく...
私の副腎疲労

副腎疲労5 極度の栄養不足で副腎疲労まっしぐら

ところでこの頃、私、仕事を2つ掛け持ちしていました。 ひとつはコンサートホールで週3日コンシェルジュ(ホールの案内や受付、事務作業など)を。 もうひとつは不妊治療を辞めた後の子供のない人生設計カウンセラー。 こちらは自営です。 ...
私の副腎疲労

副腎疲労4 副腎疲労発症は手術から始まった

ところで、副腎は2つあります。 原発性アルドステロン症であることがわかった時点で治療は手術もしくは薬という2択でした。 手術するとしたら片方は正常であることが条件になります。 5月、治療方針を決めるためにも2つの副腎の状態を調べる...