心に響いた言葉たち 自分を鉢植えを世話するように扱ってみる

コーチングの師匠から聞いた

彼の尊敬する先生が、悩んでいる人にかけた言葉

=====

無理に何かをしようとしなくていい。

何者かになろうとしなくてもいい。

鉢植えを世話するように自分を扱ってみる。

今のこの状態なら、

日の当たるところに置いてあげたいのか、

水のかかるところに置いてあげたいのか、

風通しの良いところに置いてあげたいのか。

ふさわしいところに置いてあげたら、

そのうち勝手に花も咲くし、実もつくもの。

今は無理に花を咲かそうとしなくていいから、

自分がいい状態になれそうな場所に

自分を置いてあげなさい。

=====

なんて優しくて思いやりのこもった言葉なのでしょう。

じんわり沁みて思わずうるっと来てしまいました。

悩んでいる時、(これじゃいけない、前を向かなくちゃ。これくらいみんな乗り越えてるんだから。)なんて思いがち。

悩んで疲れている上に、もっと頑張ろうとしちゃう。

体も心も休みたいよって言ってるのに、その声を無視して自分にはっぱかけてしまって、いつまでも抜けられない。

そうじゃなくって、自分を鉢植えのように扱ってみよう。

大切な鉢植えをお世話するように。

うん。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする