副腎疲労27 副腎疲労に倒れて二度目のお正月

 

副腎疲労に倒れて一年と4ヶ月、栄養療法クリニックへ行きだしてちょうど一年。

2016年お正月を迎えました。

クリニックへ一人で通院できたり、近所のスーパーへ出かけたりは出来るようになったものの、それは気合を入れての大イベントで、まだまだ激しい疲労感に動けなくなる毎日でした。

お正月をどんな風に過ごしたかあまりよく覚えてないのですけど、確か近所のお蕎麦やさんでおせち料理を頼み、初詣など行けるはずもなく家で寝ていたような。。。

 

倒れてから一年くらいは色々な友人から心配してメールが来ました。

が、メンタル状態もどん底だった私は、そういうメールを素直に受けることができず「元気になったらこちらから連絡するね」とやんわりと関係を切っていました。

その結果、どんどん外との関係は疎遠になっていきました。

当たり前のことですけど、私がいなくても世界は何も変わらないんだなーと実感しました。

私が死んでも世界は何も変わらない、私ってそんな存在なんだなーと。

自暴自棄になっているとかではなく、淡々とそう思うのです。

この感覚は今も変わらず、以前は死ぬのが怖かったのですけど、あまり怖くなくなりました。

痛いのや苦しいのは絶対イヤですけどね。

 

確かこの頃だったかな、思い切ってお風呂で湯船につかってみたのは。

ぬるめのお湯にそーっとつかってみました。

一年半ぶりのお風呂は本当に気持ちよかったです。

どれくらい疲れるのかわかりませんでしたし短時間で上がったのですけど、疲れ具合はシャワーの比ではありませんでした。

お湯に浸かるってすっごい疲れるんですね。

お風呂から上がって3時間くらい動けませんでした(^_^;

 

1月下旬、キレーション1ヶ月目の肝臓チェックの通院日を無事に済ませ、後半もコツコツ頑張ります。

前回と同じく期間2ヶ月のキレーションですが、1ヶ月くらい経つとエネルギーレベルが一段上がるんですよね。

明らかに楽になるんです。

水銀がどれだけエネルギー産生回路を始め、様々な代謝を邪魔しているのか。

副腎疲労の原因は人によって様々で、私も炎症や感染や色々ありましたけど中でも水銀が大きかったということですね。

世の中に知らず知らずのうちに水銀の影響を受けてる人って少なからずいるんでしょうね。。。