副腎疲労5 極度の栄養不足で副腎疲労まっしぐら

  ところでこの頃、私、仕事を2つ掛け持ちしていました。 ひとつはコンサートホールで週3日コンシェルジュ(ホールの案内や受付、事務作業など)を。 もうひとつは不妊治療を辞めた後の子供のない人生設計カウンセラー。 こちらは自営です。   手術するにあたり、コンシェルジュの仕事は術後2週間ほど休みをもらっていました。 カウンセラーは全ての仕事に区切りをつけお休みにしていました。 体に自信が持てるようになったら復帰するつもりで…結局、復帰できずに終わるんですけど(^_^;) そんなわけで、まずは2週間後の仕事復帰目指して療養生活に入りました。     退院直後は傷の痛みはあったものの体的には普通の術後の状態だったと思います。 ひとつ想定外だったのが、食べられなかったこと。 胃に物が入ると吐き気がするんです。 そのうちめまいもしてきて、吐き気とめまいで食べられず。 水分だけはとって、プリンや味噌汁など食べられそうなものを食べていました。 当然、全然力が出ず仕事復帰できる状態ではなく体もだるくて動けず。 あまりにだるくてしんどいので手術した病院の救急外来を受診したものの特に異常なし、術後なので様子を見てと帰されました。   ようやく食べられるようになってきたのが退院1ヶ月後くらい。 なんと1ヶ月で体重が4キロ減ってしまいました。 肌にちりめんジワができてショック! けれど、食べられるようになったことで少しづつ力が出てきて近所を散歩して体力の回復を目指すようになります。   振り返ってみると、手術で大きなダメージをおった後の極度の栄養不足。 最悪ですよね(>_<) 手術で抗生剤もたんまり入れているにも関わらず何のケアもしてないし。 ああ、恐ろしい。 副腎疲労まっしぐらなのでした。