よくあるドクターの「副腎疲労なんてあるの?」

漢方内科を受診してきました!

最近、自宅から徒歩で行けるところに漢方内科があることを発見したんです。

保険もきくし、ありがたや〜です。

で、副腎疲労ですと説明したところ「副腎疲労なんてあるの?」と。

ふふふ、予想通りの答えです(笑)

簡単に説明したところ、先生は否定することなくウンウンと話を聞き、その後丁寧に問診と触診をしてくれはりました。

私の漢方に期待することもキチンと把握して、希望通りの処方をしてくださいました。

とっても気持ちの良い先生でした◎

日本で「副腎疲労」という病名は一般的な西洋医学にはないので、先生によっては「そんな病気はない」と話を聞いてもらえないことも珍しくないようですけど。

想像するに、漢方では病名のない症状を扱うことも多いでしょうし、先生も知らない病名に対してオープンなのかもしれないですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする