意外と気づかない「コンプレックスは魅力的な個性」

おはようございます。

岡崎です。

お盆休みですね。

皆様いかがお過ごしですか。

帰省や旅行や、お出かけの方が多いかな。

近所の大型スーパー、人が少なくて買い物しやすくていいです(笑)

さて今日は、意外と気がついていない自分の魅力のお話です。

自分では気がついていない素敵なところ。

これね、意外とあるんです。

誰でも一つや二つ、いやいや、三つや四つ。

コンプレックスを感じているところが、裏を返すと魅力だったりすることもよくある話なのですよん。

間違っても(私は子供がいないから魅力がない)などど思ってはいけませんよー。

子供のいるいないと、その人の魅力は別物ですから!

先日、参加してきたワークショップ。

全員、初めてお会いする方でした。

とっても魅力的な方ばかりで、ふと初めて会ったこの人達に私はどんな風に見えているんだろうと思ったのですね。

それで、思い切ってワークショップ終了後に「私の印象どんな感じだったか教えてください。」とお願いしてみたんです。

で、頂いたお返事はというと。

「優しそうで話しかけやすそう!」

「ほっとするような安心感がある」

こういった印象は今までも頂いてきたので、自分でも(うんうん、知ってる)という感じ。

ところが、以外に逆の印象もたくさん頂きました。

「見た目は柔らかだけど、とても芯の強い女性というイメージ」

「自分の好きなことと嫌いなことの線引きが明確で、納得するまで熟考するタイプの方」

「初めは柔らかな優しいお母さんのように思いましたが、お話を始められてからはキリッとした強さを感じ、信頼できる方なんだろうなに変わりました」

はっきりと強いメッセージを表現するのは苦手だし、優柔不断な印象なんじゃないかなと思っていたのに、「芯が強い」や「キリッとした」などを感じている方が多くて驚きました。

旦那さんには「頑固」と言われる私。

「線引きが明確で」と「頑固」は同じものを別の角度から見ているのかもですね(笑)

自分の中にあるものって、もしかするとダダ漏れなのかもしれません(汗)

人の目に見えないものを感じる力も侮ってはいけませんね。

また、話をする様子からこんな印象を持ってくださった方も。

「すごく丁寧に言葉を選んでそれがすごく的確だな、という印象をまず持ちました。」

この言葉ね、私、ものすごく勇気をもらいました!

私、話をするときツルツルと言葉が出てこないのですね。

考え考えしながら話すということもあるんでしょうけど。

話がどこかへ行ってしまうこともよくあるし、若い頃からずっと話が下手というコンプレックスがありました。

ところが、考え考えゆっくり話しているのを、丁寧に言葉を選んで話しているように感じてくださっていたのです。

その上、

「頼りがいがありそうで、ついつい自分のことをさらけ出しちゃいそうな感じを持ちました。女性らしいしなやかさというかそんなものも感じます。」

なんて言って頂きました。

ここまで良く受け取ってもらえると、話が下手と思っていたけれど、そうでもないかもしれないななんて思えてきます。

考え考えゆっくり話すのは私の個性なのかもね!なんて。

スルスル噛まずに話せる人もいれば、私のような人もいていいですもんね。

世の中全員が話し上手って、かえって味気ないんじゃないですか?

、、、なんて、すっかり強気の私。

単純です(笑)

最後に、

「お茶目な一面も♪」

という印象も頂きました。

これは嬉しかったです♪

常々ユーモアのある人になりたいと思っているもので。

そんなわけで、自分の中にある「キリッと芯のある強さ」を確認し、「丁寧に言葉を選んで話す」「お茶目」を発見することができました。

ほんの思いつきの質問でしたが、思った以上に嬉しい結果が返ってきました。

今回の体験で改めて思ったこと。

人は意外と自分の魅力に気づいていない。

強みとコンプレックスは裏表。

人の中にあるものはダダ漏れ。

人の目に見えないものを感じる力は侮れない。

どれもどこかで聞いたことのあるフレーズですが、今回のことで実感を持って納得できました!

よし!

あなたの中にも私の中にも、まだ気づいてない素敵なところがいっぱいある♪

いい感じです(笑)

それでは、今日も良い一日を♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする