子供のいない人生をストレス少なく、楽しく生きるには

おはようございます。

朝日新聞に不育症の夫婦の記事がのっていました。

不妊症も不育症も子どもが授からないという事実は同じだけど、その辛さは当事者でないとわからないことがあると思います。

けれど、想像する、思いやることはできます。

不妊や不育の話に限らず、そのことを忘れないでいたいなと思います。

さて突然ですが、(そうそう、ストレス少なく楽しく生きるには、こうよね!)とストンと納得する出来事がありました。

会うと元気になる大好きな友人とおしゃべりしていた時のこと。

彼女が「最近、面倒くさい、イヤだと言うようにしてるの。」と話してくれました。

面倒くさいと言うってどうゆうこと?と思ったら、気の進まないことは断るという意味でした。

「これまで何でも断らずに引き受けて頑張ってきたけれど、アラフィフともなれば残りの人生の方が少ないのに、やりたくないことやってる時間なんてないわ〜。」と。

思わず「わかるわ〜!そうやんねぇ〜!」と返事をしていました(笑)

私も、頼まれるとついつい引き受けてしまうタイプ。

なので、これまでも(気の進まないことは断ろう。)と心がけてきました。

それが、病気をしたことで、本当に心からそう思うようになりました。

手持ちのエネルギーは限られているのだと実感したことで、やばい!と思ったわけです(笑)

同じ時間だったら、自分が気持ちいいと思う時間を過ごさなくちゃもったいない。

気持ちいいと思わないものは、お願いもお誘いもごめんなさいしちゃおう!と決めてしまえば楽なものです。

「楽しいこと、やりたいことをやる!」は大切です。

そして、

「気分の乗らないことはやらない!断る!」も同じくらいに大切な気がします。

若い頃はいろいろ気を使って断れなかったりしたけれど、こんな風に割り切れるようになったのは年を重ねてきたからかもしれないですね(笑)

「人生はらせん階段のようなもの」なんて表現があります。

人生の中で、何度も同じような失敗や困りごとが起き、その度に気がつき、学ぶ。

人って忘れやすいと言うか、懲りないと言うか(苦笑)

けれど、らせん階段であるならば、少しづつ登っているはず、成長してるはずです。

今回も一歩成長してるはず。

ということで、本日も気持ちいい一日を♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする