心と体の健康に歯科治療が関係している?!

おはようございます。

突然ですが、「にっぽん縦断 こころ旅」というテレビ番組が好きです。

俳優・火野正平さんが自転車に乗って日本全国を走るのですが、その旅の目的地は視聴者から寄せられたお手紙にある「こころの風景」。

正平さんがたくさんの人々や季節の動物や植物に出会い、上り坂にあえぎ、下り坂に笑い、時にほろりとすることもあるぶっつけ本番の自転車旅の番組です。

今年で7年目という、実は根強いファンの多い長寿番組なのですよ。

副腎疲労で倒れたことをきっかけに知ったのですが、なんとも癒されるんですよね。

正平さんの正直なコメントやマイペースぶりに思わず吹き出したり、なんて優しい人なんやろ〜と心が暖かくなったり。

ずっと続いてほしい番組です。

さて今日は「歯の治療」のお話。

虫歯の治療って、金属が使われることが多いです。

治療に使われる金属の種類っていくつもあるのですよ〜。

私、そんなこと全く知りませんでした。

今日は、その治療に使われる材料のひとつ「アマルガム」のお話です。

「アマルガム」、聞いたことありますか?

私は副腎疲労になるまで一度も聞いたことありませんでした。

主に虫歯治療に使われる材料で、銀 ・ スズ・銅などの金属を水銀に加えて作られているそうです。

当初はアマルガムに使われる水銀は体には無害とされていたそうですが、現在では様々な健康被害が指摘されています。

最近はアマルガムを使う歯医者さんは少数だそうですが、知らない間に口の中に水銀が入っているかもしれないなんて、なんて怖いことでしょう。。。

私は副腎疲労の治療の一環としてアマルガムをとりました。

歯の治療で体調が変わるの?と半信半疑でしたが、結果、とって良かった!でした。

アマルガムをとりデトックスしたことでハッキリと体調が変わりましたから。

アマルガムが入っていても、あまり影響のない方もいらっしゃるそうですが、私の場合は影響が大きかったということですね。

ここで大事な注意事項です。

アマルガムをとるときは、相応の対策をとり十分に安全にアマルガムをとってくれる歯医者さんにお願いすること!

水銀は猛毒なので、安易に削ってとると、逆に体内に大量の水銀を取り込むことになりかねません。

慌ててとるよりも、ゆっくり納得できる歯医者さんを探してからの方が、かえって安全ですから。

アマルガムについて

それにしても、口の中のことがこれほどまでに体全体に影響を及ぼしているなんて。

人の体というものは、「歯」、「胃」、「腎臓」などと個別の臓器で働いているのではなく、全てが全てに影響しあっているのですね。

悪い影響のことばかり考えてきましたが、逆に考えると良い影響も同じなはず。

ということは、小さなことでも体や心に良いことをするのは、ゆくゆくは全体に良い影響が広がるかもしれないということ。

いつもの調味料を、天然の良い材料のものに変えてみるとか、散歩の時間を作ってみるとか、そんな小さなことが大事なのかもしれないなと思います。

では、今日も良い一日を♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする