第九の演奏会に行ってきました

「第九」

正式には、交響曲第九番、ベートーベン作曲、年末に流れる超有名な曲。

たまたま自宅近くのホールで第九の演奏会があることを知り、(そういえば生で聴いたことないなぁ〜。自宅近くで聴けるというのも何かのご縁かしら。)と思い、夫と出かけてきました。

感想。

はぁ〜、素晴らしかったです!

私、クラシックのことは全く素人ですが、心から素晴らしい!と思いました。

やっぱり「生」というのが良いですよね〜。

一斉に弦楽器の弓が動く様子や、管楽器の美しく響く音もさることながら、第九ならではの歌声には涙が出てしまいました。

プロのオペラ歌手の方の歌声の素晴らしいこと。

マイクも使わずにホール中に朗々と響き渡る歌声に心もって行かれました!

終盤に向かって盛り上がっていく合唱も聴きごたえありました。

そういえば、私、感情を乗せて伸びやかに歌われる歌が好きなのでした。

ゴスペルも好きだし、ディズニーの曲や劇団四季などのミュージカル曲、映画の曲も好きですし。

日本の曲であれば、歌詞がきちんと聞き取れる歌であることが必須です。

ラップなどは良さが分からなくて。。。年代ですかね(笑)

今回の第九の指揮者は三ツ橋敬子さん。

小柄な方なのに指揮が大変にパワフルでびっくりしました!

体をいっぱいに使って指揮をされる姿にファンになってしまいました。

素敵な時間を過ごして、心満たされて帰ってきました。

またの機会が楽しみです。

今日も良い1日を♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする