自分にぴったりなサプリメントを選ぶには

良いサプリメントは、どうやって選べば良いのでしょう。

それ以前に、自分に必要なサプリメントは何でしょう。

栄養療法に出会うまで、サプリメントについてよく考えたことがありませんでした。

何となく(老眼にはブルベリーが良いらしい)、(風邪にはビタミンCが効くそうだ)といった聞きかじった知識で飲んでみたり止めてみたり。

効いているのか効いてないのかよくわからない気休めみたいなものでした。

けれど、サプリメントって使い方次第でパワーを発揮してくれるものだったのですね〜。

場合によっては薬にとって変わるくらいに!

では、「自分に必要なサプリメントは何なのかを知るには?」

不調を改善するためにサプリメントを飲みたいと思うならば、残念ながら自分で知るのは難しいと思います。

よほど体の仕組みについて詳しい方でないかぎり、問診と血液検査などの検査を受けて、お医者様に診ていただくのが一番です。

とはいえ、自分で判断できそうなサプリメントもあります。

例えば、風邪をひいた時やストレスが多いなと思った時は、ビタミンC!

ビタミンCは、副腎から出るストレス対抗ホルモンのコルチゾールを助けてくれます。

よほど大量に飲んで便がゆるくなるくらいしか副作用もないそうなので。

ちなみに、私は副腎疲労回復のために毎日飲んでいます。

それから、便秘や下痢の時にはビフィズス菌や乳酸菌!

便秘や下痢の時には腸内細菌のバランスが狂っている可能性大なのでおすすめです。

ところで。

ビタミンCもビフィズズ菌、乳酸菌も一般的なサプリメントですが、たくさんのメーカーから出ていて、どのサプリメントが自分に合うのかはどうすればわかるのでしょう?

「良いサプリメントは、どうやって選ぶのか?」

サプリメント、知ってみると、ものすごーく奥が深いのです。

私もそれほど詳しいわけではないのですが、知っていることを書いてみますね。

  • 原材料がイロイロ

天然素材から抽出したもの、人工的に作ったものなど。

  • 含有量がイロイロ

同じ1カプセルでも、1カプセルに含まれるビタミンなどの成分量が違う。

  • 主要成分以外の成分がイロイロ

当然、カプセル状にするためにビタミンなどの成分以外の成分が使われているのですが、その成分が違う。

  • 成分の設計がイロイロ

目的のビタミンなどが吸収される時に必要な別のビタミンなどが加えられている、加えられていないなど、成分の設計が違う。

  • 販売形態がイロイロ。

ドラッグストアやネット販売で買える物、一般のお医者様が処方する物、栄養療法に詳しいお医者様が処方する物、個人輸入で買える物など。サプリメント代の中の宣伝費の割合も違う。

思いついた違いを並べただけでも5つもありました!

これでは、なかなか選べませんよね。。。

全体的な印象としては、やはりお高いものの方が質は良いです。

とはいえ、手軽に買えるものにも良いものもありますし、何もかもサプリメントに頼らずとも食事面などで工夫もできると思います。

ちなみに私の場合。

集中的に治療として使う場合は、栄養療法のお医者様に処方していただく高いサプリメント、良い状態を継続するために飲むものはネットや個人輸入でお安く買うようにしています。

お安くといっても、原材料をチェックしたりメーカーのサイト情報を読んで、信頼できるメーカーのものを選ぶようにはしています。

今後また、私が買ったものの感想も書いていきますね。

良いものがお安く買えると嬉しいです。

では、今日も良い1日を♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする